So-net無料ブログ作成

上海旅続き [海外旅]

(備忘録)地下鉄を人民広場→陸家浜路と乗り継いで打浦橋で下車。お洒落な小さいお店が軒を連ねる田子坊へ。最寄り駅の打浦橋は、駅の構内におしゃれな、日本でいえば成城石井のようなお惣菜やワインが充実したスーパーもあり、宿泊が近くならスーパーで食材を買うのも良いのかも。食の選択も大分以前より広がりがあるのかもしれないと改めて思いました。
DSC00084.JPG

さて、計画はガイドブックをチェックして、おしゃれなカフェでランチ!だよ。
DSC00094.JPG

オーストラリアの方が経営しているというカフェ「コミューン」にて。サンドイッチは大きくて食べきれなかった。
DSC00096.JPG

田子坊散策中、旦那さんは、路地の一角で青磁のぐい呑みを購入
DSC00098.JPG

ランチ後は今回の旅の目的の1つである世博博物館へ。国際的な博覧会としては1851年に初めてロンドンで開かれた以降の歴史と時代の移り変わりを展示しているもので、世界に1つの博物館。上海万博の敷地跡に今年ようやくオープンしました。
DSC00103.JPG

大規模な博覧会は2005年愛・地球博、2010年上海万博、2015年ミラノ博ですが、規模の小さいテーマのものもあり色分けして歴史を目次的に表示
DSC00106.JPG

1970年大阪万博のコーナーもありました!
DSC00115.JPG

2010年の地元開催の上海万博は流石に今の中国の規模、パワーを示す大がかりなものです。当時の賑わいを思い出しました。
DSC00139.JPG

大きく盛り上がったと思ったら、最後は展示がいきなり終わり、裏口のようなところから外に出ます。予算が足りなくなったのかな・・・なんとも日本とは違うような。
DSC00143.JPG

それにしても無料でこの博物館はすごい。初期のヨーロッパの博覧会の歴史にも触れ、中国の視野の広さを感じます。日本ももっと大きくものをとらえないとね。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

上海 7周年の旅 [海外旅]

2010年上海万博の時にパビリオンで一緒に働いた仲間と会いに久しぶりに上海を訪れました。せっかくの機会なので、その後結婚した旦那さんと2人で町散策も兼ねてGO!7年前に住むようにして慣れ親しんだ上海も、もう右も左もわからなくなっていました。食いしん坊の2人は、浦東空港についてまず腹ごなし。旦那さんの定食セットは暖かい豆乳付き。
DSC00031.JPG

私は辛めの麺。平打ち麺は以外とあっさり味。
DSC00034.JPG

都心部に向かうのにリニア(磁浮)に乗ってみました。
DSC00039.JPG

終点駅で地下鉄に乗り換えて中心部に到着。今回は南京東路と人民広場の間にあるソフィテルハイランド泊。荷物を置いて早速午後の散策へ。建物の工事の様子は日本と大分違いますね~
DSC00042.JPG

これぞ上海の景色。外灘。
DSC00053.JPG

久しぶりに見る建物群も壮観。なんか町が以前より綺麗になった気がします。
DSC00062.JPG

裏路地は、相変わらず窓から洗濯干し竿がにょきにょきでていて、自転車が走っているのも変わらない。ただ、多くが電気自転車で音もなく近づいてくるので危険を感じます。
DSC00066.JPG

初日の夜は友人家族との食事へ。ホテルから2駅分歩いて夜の町を散策。
DSC00067.JPG

翌朝、7時からオープンしていて、小籠包が無茶美味しいとJTBのガイドブックに書いてあった店へ。8時すぎでもう大行列。日本人が多い・・・みんなガイドブック見てきているのかな。でも香港から欧米からとみられる人達も並んでいました。
DSC00077.JPG

常連の一押しは純蟹入り99元でしたが、15元程度で食べれるシンプルな小籠包をいただきました。最初の一口は、出来立てジューシーに超にっこり。さめないうちにガンガン食べねばと次回に向けて反省。
DSC00075.JPG
nice!(10)  コメント(3) 
共通テーマ:旅行

ナパ ワイナリーツアー② [海外旅]

ワイナリーツアーの続き②
ランチに立ち寄ったVサーチュイ・ワイナリーはエントランスも素敵!
DSC09437.JPG

我々もお惣菜を買い込んで、いざランチ
DSC09416.JPG

食べているうちに向こうからワイントレインがやってきた~
DSC09421.JPG

今、話題のワイントレイン、ガイドブックにも必ず載っています。向こうからするとこちらがナパの景色か!
DSC09422.JPG

次のワイナリーはシャルドネで有名なガーギッチ・ヒルス 1970年代に行われたパリ対決で白のトップに選ばれたシャトー・モンテレーナにいたガーギッチが興したワイナリー。一押しのセレクションが購入不可でちょっぴりがっかり。
DSC09447.JPG

ツアー最後、5つめのワイナリーはロバート・モンダビ
DSC09452.JPG

青い空~ 広々としたスペースでゆったり試飲できます
DSC09466.JPG

夏はロゼもいいよね
DSC09462.JPG

畑によって微妙に雰囲気が違いますね
DSC09467.JPG

この日は5つのワイナリーを回って、試飲三昧。帰りは参加者は皆そろって車の中でぐったり昼寝。海外で日帰りツアーに参加するのも気軽だし、面白いな。ダウンタウンに戻って最後の夜はホールフーズでお惣菜をテイクアウトして、ホテルでのんびり。楽しい旅でした。
DSC09472.JPG
nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ナパ ワイナリーツアー① [海外旅]

大分時間がたってしまいましたが、GWの旅行でナパバレーへワイナリーツアーに行った記録です。写真を見返して見ると・・・やっぱり楽しかったなぁ。朝、ユニオンスクエアのヒルトンホテルで集合していざ出発。この日5軒のワイナリー訪問を予定で、1軒目はドメーヌシャンドンです♪
DSC09379.JPG

モエ・シャンドンが経営しているワイナリー。落ち着いた雰囲気のお庭に花が咲き、とても上品。売りであるスパークリングを手にテラスでのんびり。
DSC09380.JPG

2軒目は日本人に人気のあのワイナリー。古墳のような丘が近づいてきました。
DSC09396.JPG

ここは、できの良い葡萄だけをつんでワインを作るそう。土が柔らかそうです。
DSC09402.JPG

オーパスワン正面
DSC09403.JPG

いざ、試飲へ。値段を聞いてびっくり!えーっ?と思いましたが、ここまで来て飲まず帰れない。2011年をいただきました。
DSC09406.JPG

テラスから畑を眺めます。上から見るとこのワイナリーの設計はワイングラスの形になっているそう。それにしてもお天気が良い♪
DSC09410.JPG

3軒目は、ランチのお惣菜が充実しているVサチューイ・ワイナリー。手入れされたバラがたっくさん咲いていて感動的でした。
DSC09414.JPG

お惣菜を買ってピクニック気分で楽しんでください、という企画ですがなるほど。ピクニックグラウンドね。
DSC09435.JPG

木漏れ日の下で、絵画のような光景でした!
DSC09427.JPG

楽しいワインツアーの一方で、考えてしまったこと。アメリカに増えている不法移民の多くはファームで働ていると聞いていましたが、どうやらこういったワイナリーにもそういった方が多いようです。ワイン畑での仕事は厳しく、アメリカ人はほとんどやらないので仕方がないという説明でした。そういえば、オーパスワンでもこの日はメキシコのお祭りの日で、従業員のパーティーのための飾りつけをしていました。不法でなく入ってこれるようにして、税金も払い、選挙権を持ち、医療も受けられるようにできれば一番なんだろうけど、なかなか全てがフェアな状況でないのかもしれません。
nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

サンフランシスコ 午後歩き [海外旅]

サンフランシスコは思い出深い町。10代の頃に初めて訪れ、以前は仕事でも様々に訪れる機会があってコンパクトな町に懐かしい場所がたくさんある。私にとってはLAよりもずっとカリフォルニアの玄関口的な親しみがある場所です。久しぶりのこの町を半日午後使って思い切り観光することに。まずはMuniパスポート一日券(21ドル)を購入。Fラインに乗ってフェリービルディングへ。ちょうどランチタイムにガチンコ。青い空の下に賑やかなファーマーズテント達。
DSC09319.JPG

フェリービルディングの店はどこも混雑していた中、ランチはメキシカンに決まり。タコス、ナチョスにメキシカンビールを堪能し、お腹も満たされてフェリーを眺める。
DSC09326.JPG

Fラインを乗り継ぎ、ピア39へ。ジャズ演奏が流れる広場で旗がたなびく。5月初めなので鯉のぼりみたいだな、なんて思ったり。
DSC09335.JPG

賑わうピア39で見つけた大きいイチゴ。
DSC09333.JPG

てくてく歩き。気持ちの良い日です。
DSC09337.JPG

フィッシャーマンズワーフのランドマークに到達!
DSC09339.JPG

アリオトスのクラブ・カクテルをヘルシーなおやつ代わりに。
DSC09345.JPG

更に歩いてバス28番に乗車し、ゴールデンゲートブリッジへなんとか辿りつきました。行き方がよくわからなかったので、ちょっとした冒険でした。
DSC09354.JPG

この看板は見る角度によって年号が変わって面白かった。いづれにせよビフォー&アフターなんですけどね。頑張って作ったなぁ、橋。
DSC09364.JPG

最後は、ケーブルカーに乗ってユニオンスクエアまで戻りました。立ち乗りで、一番てっぺんから見るサンフランシスコの街並みは素晴らしかった!(流石に写真を撮る余裕はなし)またチャンスがあったら乗りたいな。
DSC09368.JPG

半日で結構回れるサンフランシスコ。お昼はフィッシャーマンズワーフでシーフードもお勧めです。
以前の記事:サンフランシスコの夜はジャイアンツ色
nice!(8)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

アメリカのママに会いに西海岸へ [海外旅]

GW明けはすっかり暑くなりました。お休み中は30年前、高校留学した時お世話になったホストファミリーに会いにアメリカ西海岸へ。今やアメリカのママも87歳。パパは15年前に亡くなり、私自身も歳をとりましたが今回は昨年結婚した旦那さんを紹介する節目の旅になりました。飛行機を乗り継いで向かった先は森の中にある人口1000人程度の町。裏山を登るとシャスタ山が見えます。
DSC09277.JPG

どこまでも空気が澄んでいるよう
DSC09280.JPG

日差しはかなり強いのですが一週間前まで雪が残っていたらしく、春を告げる水仙が賑やかに咲いています
DSC09298.JPG

フロントヤードは森と小鳥のさえずり
DSC09272.JPG

デッキで久しぶりのトランプ遊び
DSC09303.JPG

冬の間、大活躍する暖炉。脇には農家に生まれたママが少女時代に愛用した馬具
DSC09306.JPG

アメリカらしい天井のファンと長い廊下の壁には代々前からの家族の写真が飾られています。勿論30年前の私の写真も♪
DSC09304.JPG

ダーツ楽しいから日本でも買ってみたい
DSC09307.JPG

小さい可愛いものを集めるのが以外と好きなママ
随分と前に妹が持ってきたお土産も今でも大切に飾っています
DSC09302.JPG

滞在2日間はあっという間に過ぎ、最寄りの町の飛行場を立つ日。ママはいつまでも見送ってくれました。1年1年がすぐに過ぎてしまう。また休みをとって会いに来れるだろうか
DSC09314.JPG
nice!(12)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

旅の終わりに [海外旅]

ロンドン・ニースの旅の記録ももう終わり。久しぶりにのんびりと楽しい思い出になりました。ニースで最後の朝ごはん。ホイップトハニーも美味しかったな。
11.jpg

部屋から見る中庭。朝は少し肌寒くて、外で食べることはなかったのは残念。
12.jpg

ホテル入口外観。お世話になりました!
13.jpg

最後にぷらぷらと町歩き。ニースの代表的な景色の1つ、ホテルネグレスコ
14.jpg

広場に水をはって、涼しげに
15.jpg

青や白、ストライプとビーチレストラン毎に様々な柄のパラソル
16.jpg

最後のお昼は最初の晩と同じレストラン。旧市街の路地に入ったところで、正直であったかい雰囲気のお店です。また来たいな。
17.jpg

ロゼワインでしめの乾杯。慣れてきたところでニースともお別れか~
18.jpg

バス停からニース空港に向かいます。この日は空港まで、いつものバスが突然の運休に。張り紙がフランス語でしか書いていなく、なんだか時間がきてもバスは来ないし、おかしいなぁ~と思っていたら、通りがかったニース在住の日本人ご夫妻が見かねて、違うローカル路線まで一緒に歩いて案内してくださいました。本当にありがとうございました。
20.jpg

ニース空港でもロゼワイン。帰ってきてしばらく、自宅でもロゼワインブームです。
19.jpg
nice!(19)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

エズ・モナコへ [海外旅]

ニースから半日観光でエズとモナコへ行ってきました。エズはニースから車で約20分。海からすぐの崖の上にある村、例えて「鷲の村」と言われています。坂を登って、頂上の熱帯植物園から見るコートダジュール。
12.jpg

太陽が真上からさしているのか、海の底が見えそうな碧い海に見惚れてしまいます。
11.jpg

崖の上には女神のような彫刻も
13.jpg

この村に今住んでいる人はごく僅か。花は崖の岩の間から元気に咲き誇っています
14.jpg

エズの村からさらに車で約20分でモナコへ。リッチなボートがたくさん停泊、その先には豪華客船が見えます
15.jpg

モナコ王宮での衛兵交代の場面
16.jpg

少し引いて王宮と青い空を眺める
17.jpg

可愛らしい町並みのウィンドウに赤い花が映えます
18.jpg

黄色い壁が続くのはほかの国でも見ていそうで見ていない
19.jpg

F1のコースを回った後は、カジノ・ドゥ・モンテ・カルロの建物へ。ここでカジノをする日は一生ないだろな~。遊ぶ気はないけれど、かっこいい佇まいでした!
20.jpg
nice!(19)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

シャガール美術館の後はロゼワイン [海外旅]

なかなかブログを更新できていませんが、まだ数回、旅の記録が残っています。
ニースではシャガール美術館にも行きました(マティス美術館は以前に記載)。シャガールの青のステンドグラス「天地創造」は素晴らしいの一言。
11.jpg

美術館は泊まったホテルから歩いてすぐでした。
12.jpg

少し高台だったので、階段を下りて旧市街へ向かいます。坂のある町並みはどことなく日本にも似て、懐かしい感じです。
13.jpg

旧市街にて。ここからすぐのお店でプロバンス柄のキルト地のランチョンマットを購入。
14.jpg

広場は明るい色合いの建物に囲まれて、いつも観光客でにぎわっています
20.jpg

この日の目的は地元野菜が食べられる優良店
16.jpg

テーブルに着くと早速ワイン。プロヴァンスでは多くの人がワインはロゼを楽しみます。天候にあっているのかしら?まずはロゼ!にも、だんだん慣れてきました。
17.jpg

こちらが地元野菜の盛り合わせ。素材感を楽しむ!
15.jpg

別の日にいただいたのですが、こちらはズッキーニの花のフライ。ニースでは定番料理のようです。
18.jpg

適度な町の大きさ、暖かい日差し、美味しいお酒とごはん。そして花が綺麗。海だけでなく、空だけでなく、花も青が綺麗です。
19.jpg
nice!(10)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ニース花市場 [海外旅]

ニースの花市場にて。見事なラナンキュラスは強い日差しに似合うオレンジ色。
のんびり歩きにはいろいろ見て回れて面白い、規模的にも丁度心地良い街です。
10.jpg

芍薬が満開でした
11.jpg

花市場がしばらく続きます
12.jpg

4月の終わりだったので、時期的にすずらんもたくさん売り出していました
13.jpg

レモンの木も良いですね~
14.jpg

ニースのレストランの名物、ズッキーニの花も売られていました
18.jpg

イチゴも美味しそう
20.jpg

お土産にはジャムも良いかな。いろいろあって悩みそう
19.jpg

たくさんのお花と素晴らしい気候のもとで手作りされるポプリ
16.jpg

石鹸もお土産の定番のようです。自分にも2つほど購入。良い香りですよ。
17.jpg
nice!(17)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
メッセージを送る