So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

シドニー街歩き② [海外旅]

続、シドニー街歩き。友人とランチの後、世界で最も美しいショッピングモールといわれるクイーン・ヴィクトリア・ビルディングへ。吹き抜けが気持ちよく、各フロアにのんびりできるカフェがあり、下のフロアのタイル模様から1つ1つの作りが実際に美しくてため息。
モール2.JPG

中央の時計はオーストラリアの絵画のまわりを物語のように帆船が時間経過を示す、ずっと見ていたくなるようなデザイン
時計.JPG

ステンドグラスのデザインもなんとなく開放的
モール.JPG

コーヒーを片手に外へ、シドニータワーをみながら初夏の日差しを楽しむ
タワー.JPG

オーストラリアのカトリック総本山、セント・メアリーズ大聖堂
セントメアリー.JPG

違う角度から空との調和
シドニーの空.JPG

夜は楽しみにしていたキャプテンクック・クルーズへ
舟.JPG

ワインを楽しみながら素晴らしいシドニー湾の夜景を楽しむ。シドニーに行ったらぜひお勧めです。本当に綺麗。
夜オペラハウス.JPG

ハーバーブリッジも美しい、クルーズ終盤に名残惜しく眺めていました。
yoru burijji .JPG
nice!(12)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

シドニー街歩き① [海外旅]

シドニーの街歩き。現地に住んでいる友人が教えてくれた春をつげる花、ジャカランダ。10月下旬から11月にかけて紫の花が咲き、シドニーに春の訪れを教えてくれるのだそう。調べたら世界三大花木。11月中旬すぎでもう咲き終わりに近かったけれど街のあちらこちらで咲いていました。
ジャカランダ1.JPG

紫の花が散り一面紫の世界を作ることがありそう。
ジャラカンダ4.JPG

セント・メアリー大聖堂の裏手にも1本
ジャラカンダ3.JPG

街歩きのお目当ては今度はオージーの国民食、ミートパイ。ハリーズへ
タイガーの店.JPG

ガイドブックによく載っている「タイガー」にトライ!なかなかのボリューム
IMG_2630.jpg

夕食前の散歩にロックス地区へ
ロックス.JPG

「シドニーで最も古いホテル」と壁に書いてある建物の横でのんびり夕暮れビールを飲む人々。日本と一緒か~とちょっと親近感・・
oldest hotel.JPG

ネットで高評価だったお店で早速、オイスターをいただきました!
オイスター.jpg

オイスターも良かったけれど、このシーフードパスタが絶品。丁寧なパスタ生地にシーフードの味が絶妙に適度にしみこんだうまみ♪
シーフードパスタ.jpg

nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

初めてのオーストラリア [海外旅]

初めてのオーストラリア!シドニー港は世界で最も美しい港の一つといわれるだけの景色。美しい空と海。
シドニー港.jpg

サーキュラーキーからフェリーから見るシドニーの街
シドニー街.jpg

オペラハウスの存在感は神々しいくらい
オペラハウス4.JPG

オペラハウスの素晴らしさは外観だけではない。行ってみてガイドツアーに参加して内部をみて、歴史や内容をみて初めてわかることがたくさん。独創的なデザインはデンマークのヨーン・ウツソン39歳の時のコンペ参加で勝利したもの。土台はマヤ遺跡をイメージしている。
オペラハウス1.JPG

下かから上に太陽に向けてのぼっていく階段(これは上から下を見ちゃっていますが)
オペラハウス2.JPG

オペラハウスは北向きが最も明るい。ガラスは45度の角度で人の姿が映りこまないように設計されている。夜のオペラ鑑賞の前にこんなロビーで夜景をみながらワインを飲んだら気持ち良いだろなぁ。贅沢だなぁ。
オペラハウス3.JPG

お昼を挟んで、フェリーにのって対岸のタロンガズーへ。
タロンガ.JPG

せっかくオーストラリアに来たのだから、コアラは見ないと。
コアラ.JPG

キリンもなかなか可愛かった。
キリン.JPG
nice!(12)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

紅葉の山中湖 [日本の景色]

11月頭に紅葉の山中湖へ行ってきました。
黄色の葉.jpg

湖沿いはまさに紅葉真っ盛り、両親と旦那さんと一緒に散歩
紅葉ロード.jpg

母が手をかけて増やした小菊が畑にたくさん咲いていました
小菊.jpg

少し遅めのランチを畑で。母の作ったアサリのおにぎりとサンドイッチ、鍋ごと持ち込んだおでんが最高!
アサリおにぎり.jpg

青空の下、秋の日差しが気持ちよかったです
青空見ながら.jpg

日が斜めにさす中で、お片付け
かたずけ.jpg

森の道を登って、夏の家におじゃまします
森の道.jpg

この葉っぱの形、可愛い!
葉っぱ.jpg

急に思い立って出かけたので、新宿から高速バスを使ったのですが大渋滞で行きも帰りも3時間ずつかかってしまいました。紅葉はとても綺麗だったけど体力のいる日帰り。次回はもう少し作戦を練らねば。

nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

小江戸 佐原 [日本の景色]

少し時間を遡りますが、まだ夏が残る9月に佐原に行きました。久しぶりに小江戸気分を楽しんだ天気の良い週末。
こぎく2.jpg

町並みに自転車が似合う
自転車.jpg

この先に伊能忠敬記念館があって、久しぶりに展示&映像を楽しみました。伊能忠敬を知ると、努力すること、続けることの大切さと、スタートが遅くてもそれでもいい、いくつになって頑張れる勇気、素晴らしい恩師に出会えることの大切さなどを考えます。
東京バンドワゴン.JPG

派手なところのない旧宅跡
旧宅.jpg

路地の奥に懐かしい感じの井戸を見つけました
いどはっけん.JPG

まだ夏が残る佐原
まだ夏.JPG

飛行機雲が一筋
飛行機雲2.jpg

町巡りの前に腹ごしらえ。ちょうどお昼時でとても混んでて待ちました。素敵なお店でしたが予約しておくのが一番
蕎麦や.JPG

佐原の町歩きを終えて、近くのコスモス畑、向こうには貨物列車。
列車とコスモス.jpg
nice!(15)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

角館 秋田の行事 [日本の景色]

乳頭温泉から角館へ。武家屋敷に小紫が清々しい
むらさき.jpg

一度来ているからもういいかと思っていたけれど、やっぱり雰囲気あるなぁ
角館2.JPG

この日は青空の下「伝統芸能の祭典 秋田の行事」をやっていました
秋田の行事.JPG

舞台では「毛馬内の盆踊り」
秋田行事.JPG

若い人達の太鼓が迫力、えらい!
秋田行事2.JPG

こちらは土崎の曳山
土崎.JPG

グルメコーナーもあって納豆汁をいただきました
納豆汁.jpg

角館を楽しんだ後、秋田市内へ。ずっと行きたかった秋田県立美術館で藤田画伯の「秋田の行事」を堪能し、美術館内のワンショット。雨さえも楽しめる素敵なつくり。
美術館.jpg

秋田港、昔は土崎港。空襲で焼けてしまったとのことで北前船のころの面影があまり残っていないのが残念。もう少し調べてまた来てもよいかも。
セリアン.JPG
nice!(12)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

秋田 田沢湖 [日本の景色]

10歳年下の友人から今度秋田に行くんだけどどこがお勧め?とショートメッセージが届いた。人にどこを勧めるかは、それぞれ好みがあるから本当に難しい。街中でのんびりするのもありだし、今回私がいった県南も面白い。普通勧めるなら、男鹿、角館、乳頭温泉だろうと名前を挙げておいた。
その時その時、何に感動するかは巡り合わせだからなあ。今回は田沢湖の透き通るような青♪に出会った。日本で一番深い湖、湖と空とくらくらする美しさ。
田沢湖2.JPG

空が少しずつ秋らしくなってきていた
そら.JPG

乳頭温泉方面の道から田沢湖を見る。山並みと空が美しい。
田沢湖.JPG

乳頭温泉手前、途中で車をとめる。山が馬の形をしているから駒ヶ岳だって。日本に駒ヶ岳はたくさんあって、これは秋田駒ヶ岳。
駒ヶ岳2.JPG

車をとめて歩いていけるようになっている。ちょこちょこ紅葉が始まっていました。
歩道.JPG

鶴の湯の立ち寄り温泉は10時~。今ではバスまでやってきていました。
鶴の湯.JPG

秋田はどこへ行ってもススキが風情で素敵と私は思うのだが、高校まで秋田で過ごした旦那さんは「そうかね~」の一言。いづれにせよ東京オフィス街の日常にススキはない。
ススキ.JPG

鶴の湯の敷地内にはマキが準備してあった。冬は相当降るのだろう。
まき.JPG
nice!(14)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

秋田 六郷湧水群 [日本の景色]

湯沢から北上し、増田町に向かう道へ右折する交差点そばに横手市グルメの1つである十文字ラーメンのお店がある。1935年頃創業したマルタマさん。煮干しや鰹節を使ったあっさりとしたでもコクのある醤油スープに食べたことのない細いちぢれ麺が合う!
十文字ラーメン.jpg

増田の町並みを楽しんだ後、横手を抜けて六郷に向かった。秋田県美郷町六郷は町のいたるところに水が湧いている。ニテコ清水の湧き水に赤とんぼ
赤とんぼ.JPG

お台所清水、湧き水には立て看板があり、静かな小道をのんびり散歩できる
お台所清水.JPG

透明な湧き水で水底の石がよく見える。水面にまわりの木の影が映りこむ
清水と影.JPG

刈り取られた田んぼ。散歩道ですれ違った小学生と思われる女の子もが元気に「こんにちは」と挨拶してくれました。懐かしいような雰囲気の町です。
トラクタ.JPG

帽子にとんぼ
帽子.JPG

湧き水は奥羽山脈を貯水源をするとのこと、春先が最も勢いがあるらしい。湧き水散歩を終え、この日の宿泊先である田沢湖温泉郷に向かう道、また田んぼの景色を通りすぎていく
02.JPG

この日の宿泊先は、4年前も泊まったプラザホテル山麓荘
プラザホテル.jpg
nice!(14)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

秋田 増田のまちなみ [日本の景色]

4年ぶりの秋田を訪れました。今回は初めて県南へ。秋田空港に着くと前回と同じく高い空、気持ちの良い風にゆれるススキが迎えてくれました。早速、車を走らせると黄金色の田んぼの風景と赤とんぼに癒されます。
01.jpg

増田町は平成25年12月に重要伝統的建造物群保存地区に選定。前回はガイドブックにほとんど載っていなかったのに、今では横手市の観光の目玉の1つになっていました。町並みの入り口には、増田の町並み案内所「ほたる」
ほたる.JPG

増田の町訪問の目的の1つは定期的に購入している「まんさくの花」の日の丸酒造さん。クイズを片手に楽しくまわることができました。趣のある蔵。
08.jpg

昔の写真そのままの外観
06.JPG

最後は試飲コーナーで限定酒をチェック
試飲.JPG

蔵町通りで唯一、外からも内蔵が確認できるひときわ立派な佐藤又六家
佐藤家.JPG

2階に上がらせていただいた町並みをみる。ここからお祭りとか見物したら楽しいだろうなぁ
蔵の家から.JPG

佐藤家の旦那さんと奥さんが丁寧にご自宅をご案内してくださいました。表から奥まで100mはあります。明治ころには荒物商を営んでおり、味噌や醤油をてがけて増田一の売上だったそう
傘2.JPG

珍しい木造三階建ての美しい外観、旧石田理吉家
木造.JPG

増田は羽州街道の十文字に近く、太平洋側の仙台藩とを結ぶ脇街道が合流する地点にあり、昔から交通の要所であったとのこと。明治時代になると生糸や葉タバコの生産が増えて商人たちが力をつけ円滑な資金調達・運用のために増田銀行(現在の北都銀行)が設立されました。大正時代になると鉱山が発見されて最盛期を迎え、この頃の町の乗り合い自動車の写真が冊子に残っていました。冬の豪雪が有名な横手で歴史を残す町並みに出会えてうれしい旅になりました。軒先の干し餅は昔も今も変わらない光景なのかもしれません。
ほしもち.JPG
nice!(18)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

中延ねぶた祭 [日本の景色]

先日東京品川で「中延ねぶた祭り」があるということでぶらりと行ってきました。
05.JPG

商店街のアーケードにおさまる人形ですが、迫力あります。
まじかで見れるのが良いですね。
04.JPG

黒石よされ踊りや津軽三味線などいろいろイベントもあったみたいで、再来年(隔年開催)はもう少しプログラムをチェックしてから行こう!
06.JPG

首都圏ねぶた囃子会だって、いろいろあるんだなぁ!
03.JPG

手作り感まんさいのものまで、誰が作っているんだろう。
01.JPG
nice!(13)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | -